花蘭咲(からんさ)を購入する前に女性の薄毛について知るべき?

花蘭咲(からんさ)購入する目的は?薄毛・抜け毛でしょうか?

近年、薄毛の女性が増えていることから、女性専用の育毛剤の売上が伸びていると言われています。 薄毛に苦しんでいる成人女性は約1000万人(全体の10%)と言われています。

それでは、なぜ女性の薄毛が増えたのでしょうか。 

女性の薄毛の特徴

女性の髪の毛が薄くなる原因は男性に共通ですが、女性に特有のケースもあります。 以下は、女性の髪の毛が薄くなる主な要因です。

老化

女性は男性よりも薄くなる可能性が低いですが、あなたが年をとるにつれて頭皮への血流が悪化するので、髪を生成する組織 “毛包”は消えようとしています。

ヘアケア

近年、20代から30代の若い女性でさえも薄くなっています。一つの原因は「過度のヘアケア」です。ヘアスタイリング剤の使用、過度のシャンプー、ヘアドライヤー、ブラッシング、色、パーマなどの若い女性の髪は、毎日頭皮や髪を傷つけやすい環境にさらされています。そのため、シャンプーとコンディショナーをしっかりすすぎましょう。

ストレス

女性の社会的進歩は当たり前のこととなり、女性は男性と同様に社会的ストレスとなっています。仕事と人間関係に加えて、中年の女性の場合、それはまた家庭でストレスを持つことをより容易にします。また、保育や出産など男性には見られないストレスが重なることがあり、男性よりストレスが多くなり、薄毛になりがちです。

経口避妊薬(ピル)

女性の薄毛は女性ホルモンの分泌と密接に関係しています。ピルは避妊のための飲み物です、ピルの成分は女性ホルモンです。ピルを服用すると、妊娠中と同じ状態になり、女性ホルモンであるエストロゲンが大量に分泌されます。エストロゲンは髪の毛の成長を長引かせるので、髪の毛の寿命は長くなりますが、服用を中止するとホルモン分泌量が正常に戻るので、反動によって大量の髪の毛の喪失が起こる可能性があります。

生活習慣と食生活の乱れ

生活習慣や食習慣の乱れは、男性と女性の両方に共通する薄毛の原因です。当然のことながら女性が社会で働く現代では、残業のため就寝時間が不規則になり、お付き合いで飲みに行くことが日常的になりました。また、女性の喫煙率は低下していますが、20〜30歳の間では10%を超えています。さらに、バランスの悪い食事と運動不足のために血流が悪い人が増えています。

まとめ

育毛剤が男性用のアイテムであるというイメージ・・すでに崩壊しつつあります。

女性用の育毛剤が数多く登場し、売上は着実に伸びています。このような状況の背景として、脱毛に苦しむ人々の数は、女性の審美的感覚が増すにつれて増加しました。脱毛は主に先天的なものと後天的なものに分けられます。女性の最も一般的な原因は後天的原因であり、その1つは過度のヘアケアです。

「髪は女性の命」、しかし誤った髪の手入れを続けたり、髪の手入れをせずに髪の染色を繰り返したりすると、髪や頭皮に大きなダメージを与え、脱毛の原因となります。

特にシャンプーやコンディショナーには気をつけてください。

しっかり汚れをきれいにしなければならないので、強くシャンプーするならば、それは頭皮に必要な皮脂と良性居住細菌を落としてしまい、乾燥肌をもたらすでしょう。

逆に軽く洗い流すと、シャンプーなどが毛穴に残り、肌荒れやにきびを引き起こします。

さらに、近年ではより多くの女性が仕事をしていますが、脱毛は仕事のストレス、食生活、生活習慣の乱れなどによって起こることがあります。

あなたのケースに合うように育毛剤を使用するのと同様に、正しいヘアケア方法とライフスタイルに注意を払うことによって抜け毛を予防し、改善するための努力をしましょう。